disease

疾患

  • 内科
  • 鼻水・くしゃみ

花粉症

春の訪れと共に、多くの方が花粉症の症状に悩まされます。
花粉症は、特定の植物の花粉が原因で起こるアレルギー反応の一つで、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が特徴です。
この記事では、花粉症の基本情報から予防方法、治療方法に至るまで、包括的な情報を提供します。

花粉症の症状

花粉症の症状は人によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

  • 鼻水や鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ、赤み
  • 喉の痛みやかゆみ
  • 皮膚のかゆみや湿疹


これらの症状は、花粉が飛散する季節に特に悪化する傾向があります。

花粉症の原因

花粉症は、スギやヒノキ、ブタクサなど、特定の植物の花粉に対するアレルギー反応によって引き起こされます。花粉が空気中に飛散し、それを吸い込むことでアレルギー反応が起こります。

花粉症の診断

花粉症の診断は、主に患者さんの症状とアレルギー検査によって行われます。アレルギー検査には、血液検査や皮膚テストがあり、特定の花粉に対する反応を確認します。

花粉症の治療

花粉症の治療には、薬物療法と免疫療法があります。

薬物療法

抗ヒスタミン薬、ステロイド鼻スプレー、抗アレルギー薬などがあります。これらの薬は、症状の緩和を目的としています。

免疫療法

アレルギー反応の根本的な原因に対処するために、アレルゲンを少量から体に慣れさせていく治療方法です。舌下免疫療法が一例です。

予防と日常生活での対策

花粉症の予防には、以下のような対策が有効です。

  • 花粉が多く飛散する日は外出を控える
  • 外出時はマスクやメガネを着用する
  • 室内では空気清浄機を使用する
  • 帰宅後は手洗い、うがいを徹底する


症状一覧
科目